男性香水の基本のつけ方から応用まで!

Mens Perfume .com

【基本の使い方】香水のつけ方

つける場所とは

香水をつける場所は、基本的には手首や耳の後ろといった部分です。さらに香水をつける場所としておすすめしたいのが、血管が通っているような部分です。例えばひじの内がわ、手首の内がわなどが良いでしょう。こういった部分に香水をつければ、香りが上手く広がることでしょう。

適量をつけること

香水の香りは、ほんのりを香ってくる程度がベストです。香水の香りが部屋全体に充満して、きつい思いをしたという経験がある方もいるのではないでしょうか。このように、香水は一歩間違えば相手に不快な思いをさせてしまうのです。自分でつける場合には、自分では香りを感じない程度が最適だと考えましょう。特に男性香水を使用する際はつけすぎに注意です。男性は体温が高いために香りが強く出やすい傾向があります。

マナーを考える

プライベートと職場ではつける香水の種類などにも配慮しましょう。においにもイメージがあり、営業マンが間違ったイメージの香水をつけていると相手からの信頼を損なうことだってあるかもしれません。職場ではできるだけ爽やかな香りを選ぶべきでしょう。香水は人に与えるイメージに大きく影響します。そのため、職種などによっても香水の香りを選ぶことも必要でしょう。

香水を体以外に上手につけるポイント

ネクタイの後ろにつける

ネクタイの後ろ側を利用して香水の香りを引き出す方法があります。ネクタイは動きにあわせて香りを発しますので、香水をつける場合にはつけすぎないようにしましょう。ネクタイ以外でも洋服の裏側につけるという方法は有効です。

ハンカチにつける

ハンカチに香水をつけると、香りが強く出過ぎないことが魅力的です。ハンカチであれば、香りを調節することもできて非常に便利です。ただ、ハンカチを使用する際には香りをつけていない部分を使用しましょう。

インナーにつける

洋服の中に香水をつけることによって、ほんのりと香りを出すことができます。肌に近いことによって香水が温められ、香りは上手に外に出ていきます。首元から香りがでてくる点も良いでしょう。

マフラーにつける

マフラーにつける際にマフラーの内がわが良いでしょう。体温から近い場所に少量つけます。マフラーも外すことによって香りを調整できる点が良いでしょう。

名刺につける

名刺に香水をつけることによって、おしゃれな印象を与えることができます。名刺を渡す際、香りで好印象を与えるという技にもなります。ビジネスシーンによって香りを変えたり、香水をつけなかったりと臨機応変に行いましょう。

男性香水についてのFAQ

香水をつけるタイミングを教えて!

香水をつけるのは、出かける少し前が良いでしょう。着替えた直後などのタイミングで香水をつけると良いです。香水をつけて5分以上は香りを調整しましょう。

香水の使用期限はどれくらい?

香水の使用期限は商品によって変わってきます。大体の目安としては、開封していない場合ですと2年ほどです。蓋を開けてしまった場合には、1年以内には使用した方が良いでしょう。また、香水を保存する際には日光を避け、冷暗所にて保管してください。

仕事で香水をつけても良いのでしょうか

仕事で香水をつけることは、身だしなみとして良いとされています。ただ、ビジネスシーンによって香りの種類を考える必要があるでしょう。汎用的に使えるのがシトラスといった爽やかな香りです。つける場所を工夫して、香りの量を調整することも良いでしょう。

香水を男性にプレゼントしたいのですが

男性香水を選ぶコツは、お相手がどんな時に香水をつけるか、もしくはつけて欲しいのかを考えましょう。ビジネスマンの彼であれば、シプレの香りがおすすめです。運動をする彼には柑橘系の香りを選ぶと良いでしょう。

デートでつける香水は?

異性に魅力的に感じてもらうには、香りは重大なポイントとなります。特に女性はにおいに敏感です。敏感であるからこそ、上手に利用すれば相手に好印象をあたえられますよ。普段はシトラス系の香水をつけているあなたでも、甘い香りを選んでみるといった差をつけることも良いでしょう。ふと近づいたときにほのかに香らせる工夫も良いです。